Work(仕事)×Vacation(休暇)
ワーケーションで「仕事」を「もっと楽しく」
仕事と遊びの融合を推進し、働ける仕組みを世の中に普及させます。

Work(仕事)×Vacation(休暇)Work(仕事)×Vacation(休暇)

ワーケーション協会は仕事もプライベートも楽しめる環境創りを促進します

現在は有休消化促進のため・休みの旅先で仕事を行うということが、WORKATION(ワーケーション)です。

しかし、日本では労働における法律問題の壁が立ちはだかります。
私たちは、WORKATION(ワーケーション)という考えを受け継ぎ、遊びながら(趣味)仕事を!・旅をしながら仕事を!などをモットーにリフレッシュ・自己研鑽を行い、リラックスした状態で、「旅先」と「自由な仕事の考え方」を掛け合わせ仕事の生産性を上げる・事業アイデア練りこむ事が実現できる世の中にしたいと考えております。

現代、ウイルスの蔓延により働き方が見直され、非対面式・テレワーク・リモートワークなど政府がオンライン環境を充実させ在宅・遠隔地で仕事を行う環境を推進していることを考えると、今後このワーケーションという考え方は増えていくと考えます。
ワーケーションを「休暇中でも休まず働け」にしないために本質を見据えて、活動を行い、賛同企業・仲間を増やしてまいります。

ワーケーション協会は仕事もプライベートも楽しめる環境創りを促進します

現在は有休消化促進のため・休みの旅先で仕事を行うということが、WORKATION(ワーケーション)です。

しかし、日本では労働における法律問題の壁が立ちはだかります。
私たちは、WORKATION(ワーケーション)という考えを受け継ぎ、遊びながら(趣味)仕事を!・旅をしながら仕事を!などをモットーにリフレッシュ・自己研鑽を行い、リラックスした状態で、「旅先」と「自由な仕事の考え方」を掛け合わせ仕事の生産性を上げる・事業アイデア練りこむ事が実現できる世の中にしたいと考えております。

現代、ウイルスの蔓延により働き方が見直され、非対面式・テレワーク・リモートワークなど政府がオンライン環境を充実させ在宅・遠隔地で仕事を行う環境を推進していることを考えると、今後このワーケーションという考え方は増えていくと考えます。
ワーケーションを「休暇中でも休まず働け」にしないために本質を見据えて、活動を行い、賛同企業・仲間を増やしてまいります。

ワーケーションについて

移住し、地域創生に力を入れる仲間たち。移住し、地域創生に力を入れる仲間たち。

当社団法人は田舎へ移住し、その地の良さを肌で感じている理事中心で構成されております。
他に地域の貢献の手伝いや、環境問題に取り組んでいたり、趣味を通じて集まった仲間などもサポートとして社団法人の運営を行っています。
それぞれバラバラになりながらも、情報のインプットを行い、オンラインのツールを使い情報を外にアウトプットしております。

当社団法人は田舎へ移住し、その地の良さを肌で感じている理事中心で構成されております。
他に地域の貢献の手伝いや、環境問題に取り組んでいたり、趣味を通じて集まった仲間などもサポートとして社団法人の運営を行っています。
それぞれバラバラになりながらも、情報のインプットを行い、オンラインのツールを使い情報を外にアウトプットしております。

メンバー

地方に移住し、良さを発信したい・良くしていきたい方
ワーケーション協会を一緒に盛り上げていただける仲間募集しております。
目の前にある、課題・問題などを一緒に解決していきませんか?

参加する

活動報告activity-report

活動報告

workation(ワーケーション)協会は仕事もプライベートも楽しめる環境創りを促進します。
協会の目的にご賛同いただける方を募集しております。
詳しくは以下、詳細を確認ください

詳細

Q&Aよくある質問

+
リモートワークの延長で、家以外の旅行先やバケーション先で仕事をするとを指します。 様々な場所で仕事をするという事インスピレーションなど、新しい発見などをしてほしいという企業側の想いなどもあります。 また、コロナで自宅でリモートワークで引きこもってしまっている、大切な社員の健康も考えてあげたいという、経営者の声なども耳にするようになりました。
+
有休取得率の向上・観光地やリゾート地などの活性化・都心一極集中化ではなく地方への企業誘致 特に日本の有休取得率は世界30か国中最下位なので、国はその部分を問題視していたり、人が動くため、地域創生などの期待などもあります。
+
日本航空株式会社、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社、株式会社LIFULL 自治体では、和歌山県などが2017年より、和歌山ワーケーションプロジェクトの取り組みを実施しています。
+
コワーキングスペース・旅館・ホテル・使われなくなった古民家など様々です。 遠方になると、統廃合によって使われなくなった学校などもワーケーション施設として活用されていたりします。
+
企業側、都心からのアクセスで1時間30分圏内、車を使わない駅・空港近くなどWi-Fi環境が整備されており、ある程度のセキュリティ対策がされている場所かと思われます。 個人・フリーランスの方ではある程度の場所の制限はないと思われます。
+
▲デメリット 労働における日本の法律問題の壁が立ちはだかります。 移動中の際の社員様の怪我・事故、労働時間の把握が難しい、セキュリティ情報管理面のリスク また、ワーケーションで掛かった交通費など経費の考え方や社員・企業の負担をどうするか?など ◎メリット オフィス縮小による家賃・光熱費の削減、社員の交通費の削減 リモートオフィス・サテライトオフィスの検討・実施など 遠方での雇用創出、家庭の事情(出産・育児)による社員の退職リスク軽減 社員の生産性向上、モチベーションアップ、移動による時間の短縮、家族とのコミュニケ―ションUP
+
協会の会費は有料・無料と2つあります。 自治体・非営利団体様などは費用はいただきません。 法人の会員様で月々1万円~ 3万円~ 5万円~ 8万円~と4つの会員費がございます。
+
当社団法人は、オンライン・電話・メール・現地に行く形などご相談可能です。 取材費・講演費などは一切いただきません、遠方の現地に行く場合だけ旅費をお願いする場合がございます。
PAGE TOP