三菱地所の3つ目のワーケーションオフィス「WORK×ation Site熱海」5月にオープン予定

2021年3月5日

三菱地所によるワーケーションオフィス事業として、和歌山県・南紀白浜、長野県・軽井沢のオフィスに続く「WORK×ation Site熱海」が5月にオープン予定です。熱海の環境を存分に味わい尽くすイノベーティブなワーケーションが実現しそうです。

ワーケーションオフィス「WORK×ation Site熱海」が5月に開業予定


(画像:熱海にワーケーション施設 ニューアカオで三菱地所が5月開業|あなたの静岡新聞より抜粋)
ワーケーションオフィス「WORK×ation Site熱海」が、三菱地所によって5月1日に開始される予定です。熱海市のホテルニューアカオが運営するリゾート施設「アカオリゾート公国」内に建つ平屋レストラン「花の妖精」の一区画をリノベーションして三菱地所が賃借したものの、オフィス空間1室を利用企業へと提供するということです。同地所がワーケーションオフィス事業を展開するのは、和歌山県・南紀白浜、長野県・軽井沢と続いて第三弾目になります。当オフィス開設にあたって同地所はホテルニューアカオとの業務提携を結び、利用の想定としては同地所が運営する全国のビルなどに入居している約2200の企業における社内研修や、プロジェクトチーム合宿などが見込まれています。絶景、好アクセス、イノベーティブ、快適さなどを兼ね備えた“ハイスペック”ワーケーションオフィスとなりそうです。

 

背景の「コロナ」「ワークスタイルの変化」

新型コロナウイルスの影響により、場所や時間を柔軟に選択するワークスタイルや働き方の変化が一層拡大しつつある現代、人や組織が1か所に集うということに対しては改めてその「意義」が問われています。三菱地所では、2018 年 8 月より先だってワーケーション事業を展開中。オフィス商品ラインアップを「イノベーション創出特化型オフィス」として位置付け、これまでにも、柔軟で現代のニーズに沿ったワークスタイルへと対応する商品・サービスの拡充を行ってきました。本施設「WORK×ation Site熱海」は、三菱地所として 2019 年 5 月に開業した和歌山県・南紀白浜の「WORK×ation Site南紀白浜」、2020 年 7 月に開業した長野県・軽井沢の「WORK×ation Site軽井沢」に続く 3 拠点目のワーケーションオフィスであり、こうした「WORK×ation プロジェクト」を加速させるべく「『働く』を変えれば、『生きる』が変わる」をコンセプトに掲げたうえでの、第 3 弾の取り組みになります。

 

「WORK×ation Site熱海」の特徴

相模湾を一望できるリゾート施設「アカオリゾート」内に立地しており、日本屈指の景勝地「錦ヶ浦」に建つ平屋レストラン「花の妖精」の一区画をリノベーションのうえ三菱地所にて賃借。オフィス空間 1 室(約 127.31 ㎡)を利用企業に提供する「WORK×ation Site熱海」の特徴は主に次の4つです。
 

「景観の良さ」


(画像:WORK×ation Site 熱海を開業します。 _ 【公式】三菱地所のワーケーション ポータルサイトWORK×ation Siteより抜粋)
ホテルの温泉から見る日の出はまさに“絶景”です。他で見られないこの景色の美しさで、労働の疲れを癒すもよし、アイディアのインスピレーションを得るもよし。
 

「好アクセスの好立地」


JR「東京」駅から最寄り駅のJR「熱海」駅まで東海道新幹線「こだま」で約45分、JR「熱海」駅からバス・車で約15分、約1時間で到着可能と、都会の喧騒をすっかり忘れさせてくれるにもかかわらず好アクセスなのもうれしいところです。
 

「アクティビティや施設でイノベーションを」


(画像:WORK×ation Site 熱海を開業します。 _ 【公式】三菱地所のワーケーション ポータルサイトWORK×ation Siteより抜粋)
アカオリゾート内の、様々なアクティビティとのパッケージングが可能です。また、業務と併せて、効率的にチームビルティングを実施することができます。社内研修やプロジェクトチーム合宿など気軽な日常使いもできて、「センターオフィス」でも「サテライトオフィス」でも「自宅」でもない、自然豊かな非日常空間でのリアルなコミュニケーションによるイノベーション創出が促進されそうです。
 

「施設内も快適さや景観にこだわった設計」


(画像:WORK×ation Site 熱海を開業します。 _ 【公式】三菱地所のワーケーション ポータルサイトWORK×ation Siteより抜粋)
オフィスから同リゾート内のホテルニューアカオ本館及びロイヤルウイング宿泊室には徒歩での移動が可能です。また、施設の室内は、什器をモノトーンでシックに揃えたアートギャラリーのような色彩計画です。インテリアにも熱海ゆかりのアーティスト・作家の作品を採用することで、熱海の魅力を全身で味わうことができそうです。

 

「WORK×ation Site 熱海」施設概要


(画像:WORK×ation Site 熱海を開業します。 _ 【公式】三菱地所のワーケーション ポータルサイトWORK×ation Siteより抜粋)

住所:静岡県熱海市熱海1993-65(アカオリゾート「花の妖精」内)
アクセス:JR「熱海」駅から車で約15分 ※アカオリゾートによる送迎シャトルバスの運行あり
面積:約 127.31 m²
構造・規模:鉄筋コンクリート造・地上 1 階
施設構成:執務室1部屋、フォーンブース1室、給湯室・トイレ付帯
アート作品監修:混流温泉株式会社 戸井田 雄氏
設計施工監理:YUJI OZAWA ARCHITECTS 小澤 祐二氏
申込方法:三菱地所のWORK×ationポータルサイト(https://workxation.mec.co.jp/)より申し込みが可能です
貸付方法:1日1社専有
料金形態:10万円/日(税別)
備品:フリーWi-Fi、プロジェクター、ホワイトボード、卓上ディスプレイ、文具等

(参考:WORK×ation Site 熱海を開業します。 _ 【公式】三菱地所のワーケーション ポータルサイトWORK×ation Siteより抜粋)
 

三菱地所の掲げるワーケーションでの「価値共創」とこれから

 
三菱地所では、企業がワーケーションを導入することについて、社員、導入企業、受け入れ自治体等、関係する様々な立場の方それぞれにポジティブな効果をもたらし、「価値共創」へと寄与することが可能なものだと考えています。ワーケーションに限らず、仕事でイノベーションを起こすにあたっては、人同士の深いつながりや、深いコミュニケーションによるチームの一体感が大切であるという考えに基づき、ワーケーションオフィスの設計は“チームや組織の結束力を高める”ことをサポートする商品として取り組んできました。テナント企業等が抱える、社員間のコミュニ―ション不足に起因する「生産性の低下」「企業への帰属意識の低下」を乗り越え、先進的な働き方を許容する「企業ブランド力の向上」「企業の採用力強化」等の課題解決へと貢献するソリューションとして、ワーケーションオフィスの利用を提案すると同時に、地方×都市の新時代における新たな関係を構築することを目指しています。
(参考:三菱地所 プレスリリースより要約)
また、南紀白浜、軽井沢、熱海に続くWORK×ation Site の第4弾「WORK×ation Site 伊豆下田」が2021年夏頃開業予定と、今後も続報が待たれます。

 

■会社概要

会社名:三菱地所株式会社
代表者:取締役会長 杉山博孝
本社所在地:東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビル
設立日:1937年5月7日
URL:https://www.mec.co.jp/index.html

 

■本件に関するお問い合わせ

三菱地所株式会社
三菱地所のワーケーション ポータルサイトWORK×ation Site 問い合わせフォーム:
https://workxation.mec.co.jp/inquiry/
 

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP