富士・箱根でワーケーション向けの宿泊プランが開始

テレワークの導入が進む2020年、休暇地で仕事をするというワーケーションが注目を集めており、観光地として有名である富士・箱根近辺の宿泊所で「ワーケーション向け宿泊プラン」の販売が開始されています。

箱根七湯以外にも現在は箱根は17もの温泉があり様々な温泉が楽しめます。
東京から東名高速道路と小田原厚木道路/国道271号経由で1時間15分(88.3 km) 掛かり、高速料金は2,040円から3,140円程度かかり非常にアクセスのしやすい都心から行きやすい温泉地の一つとなっております。

箱根でワーケーションに対応した宿泊プランを導入

テレワークが全国の企業で導入が進んだことを契機に、観光地で仕事をするワーケーションが広がりを見せており、2020年9月より神奈川県と箱根町で取り組んでいる「箱根リゾートワークプロジェクト」を開始しました。また、ワーケーションを普及させるために、神奈川県は県内のそのほかの旅行団体と連携を強めることで観光の取組みを推進しています。

今回実施されるワーケーションに合わせた宿泊プランは、旅行予約サイト「じゃらん.net」内の特設サイトで2020年9月1日から20201年3月15日まで販売されています。
参照:箱根でワーケーションを 神奈川県などのプロジェクト、宿泊プラン販売

また、観光ウェブサイト「観光かながわNOW」ワーケーション特設ページでは、ワーケーションが可能なホテル・旅館が紹介されています。ワンドリンクサービスやホテル内で使える割引券付きや、長期滞在すると1日当たりの料金が安くなるプランもあり、ワーケーションで長期間滞在できる宿泊環境の整備がなされています。
参照:「観光かながわNOW」ワーケーション特設ページ

富士山三島東急ホテルでワーケーションプランの販売が開始

富士山三島東急ホテルでは、「ワーケーション」の実現に向けて、「畳でゴロゴロワーケーションプラン」と題した宿泊プランを販売開始しました。

富士山三島東急ホテルは、新幹線で東京駅から45分で到着できる三島駅南口から徒歩1分の位置に立地を構えています。ホテルの周辺には富士・箱根・伊豆などの観光地やアクティビティも充実しており、ワーケーションの環境としては最適な場所と言えます。

畳でゴロゴロワーケーションプラン

観光地からの立地が抜群に良い富士山三島東急ホテルでは、ワーケーションの対象者向けに「畳でゴロゴロワーケーションプラン」を用意しています。この宿泊プランでは、ホテル内で滞在する部屋とは別に上層階の角部屋「ファミリーコーナー畳ルーム」を会議室として利用することができます。この部屋では、天気がよければ2面に採られた高さ約2mの大窓から、目の前に聳え立つ富士山を眺めながら仕事に励むことができます。また、この宿泊プランの特典として、カプセルコーヒーとお茶を用意しているだけでなく、プロジェクター、スクリーンの貸し出しを無料で行っています。そのため、一人だけの宿泊でなく、少人数のミーティングに最適なワーケーション宿泊プランと言えます。一人でもくもくと仕事をするだけでなく、社内の仲間とリラックスしながら仕事をするのもワーケーションの一つのカタチです。以下は、詳細情報になります。

畳でゴロゴロワーケーションプラン詳細情報

販売期間:2020年9月1日(火)~2021年2月26日(金)
除外日:2020年12月26日(土)~2021年1月4日(月)
内容・料金:
スーペリアツイン ミドルフロア(富士山ビュー)2名1室 19,800円~
スーペリアダブル(シティビュー)1名1室 24,800円~
※1名あたりの1泊料金、サービス料・消費税込み
※本プランは「Go To トラベルキャンペーン」割引対象

畳の会議室 ・ファミリーコーナー畳ルーム

10~11階・64㎡・富士山ビュー・禁煙
宿泊者のみ(2名~8名)
宿泊当日または翌日の10:00~17:00 利用可

抜粋:富士山を眺めながら「畳でゴロゴロ ワーケーション」宿泊プラン

休暇地で仕事をするワーケーションはホテルなど宿泊施設で宿泊プランの導入が進んでいます。富士・箱根の雄大な自然を目にしながら、リラックスした状態で仕事をされてはいかがでしょうか?

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP