観光業界で広がるワーケーション_全国の宿泊施設でワーケーションプランが導入か⁈

新型コロナウィルスの環境客激減により多大な影響を被った観光業界。観光業界でトレンドとなっているのがワーケーションです。ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を掛け合わせた造語であり、休暇先で仕事をおこなうという新しい時代の働き方や生き方です。

観光業界が被った大きな打撃

Work Hotel_02

観光業は、コロナ禍の影響により多大な被害を被りました。2020年7月の国内の延べ宿泊者数は、2019年7月と比べ56.4%も減少しました。その中でも日本人宿泊者数は約5割の減少、外国人宿泊者数に至っては97.0%も減少する結果となりました。緊急事態宣言が発令されていた5月の前年比81.6%減少を底として、日本人の宿泊者数は増加傾向にありますが、なかなか回復には至っていません。そのため、日本人および外国人宿泊者の減少により、ホテルなど観光業界全体が経済危機に瀕しています。Go To トラベルなど、観光業を支援するためのキャンペーンが実施されましたが、観光業の回復の見出しは見いだせていません。

※参照:「Go To Travelによるワーケーションのすすめ-感染防止と両立したウィズ/アフターコロナの働き方を体験する旅を

観光業界で注目を集めるワーケーション

Work Hotel_03

観光業界全体が低迷を受ける中、注目を集めているのがワーケーションです。テレワークと働き方改革が進む日本の現状において、通信環境が整備された旅行先などで、くつろぎながら仕事をおこなうというワーケーションが、観光業界など各所で期待されています。
※参照:「ワーケーションが秘める多様な可能性-非日常な場所でのテレワークとしてのワーケーションを考える

 

全国各所で広がるワーケーション

【プリンスホテル】

東京都など全国約70か所に拠点を構えるプリンスホテル。プリンスホテルでは、国立公園にある宿泊施設で仕事をおこないつつ、全国各地の地域の魅力を存分に楽しめる、「ご当地ワーケーション」のが開始されました。箱根に位置するザ・プリンス箱根芦ノ湖では、会議室を用意するなどワーケーションの環境を整備した「リゾートワーケーションプラン」を提供しています。また、箱根の魅力を感じてもらうため、温泉やゴルフなどの無料券なども提供しており、くつろぎながら仕事をおこなえること間違いありません。

期間: 2020年09月15日 ~  2021年03月31日

>>ご当地ワーケーションの詳細はこちら

 

【星野リゾート】

また、星野リゾートが運営する6施設では、Wi-Fi環境の西武など、仕事をおこないやすい環境を整えたワーケーションステイが用意されています。ワーケーションの期間中の仕事が終わった後、バケーションとして周囲の景色を堪能するなどの嗜好もこらされており、ワーケーションを満喫するための環境が整えられています。星野リゾートOMO7旭川では、仕事に集中するだけでなく、バケーションも楽しむことのできる「憧れのリモート書斎プラン」が用意されています。通常15泊した場合だと、1泊あたり120,000円以上かかりますが、「憧れのリモート書斎プラン」宿泊プランの場合、45,000円からとお得に輪0家0ションを実践することができます。

料金:1泊1名3,000円~(税別、食事別、15~30泊限定、1名追加ごとに1泊+1,000円)

>>星野リゾートワーケーションの詳細はこちら

 

【ワーケーション・リーダーズ・サミット】

2020年10月22日~23日に和歌山県の白浜「ワーケーション・リーダーズ・サミット」が開催されます。このサミットのテーマは、5年後の働き方コンソーシアム。サミットの規格であるパネルディスカッションでは、日本航空や三菱地所、ユニリーバ・ジャパンなどワーケーションの先進企業が登壇するなど、成功事例を共有されました。

参照:観光業界、「ワーケーション」がトレンドに

 

新型コロナウイルスの影響により、テレワークが推進され働く場所にロわれないビジネスパーソンが増加してきました。そのため、この機会にワーケーションを実施することで、オフィス以外で働くという解放感に包まれるはずです。ワーケーションは休みの最中に働けということにならないように、リラックスした状態で休暇地ワークをされてみてはいかがでしょうか?

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP