沖縄ワーケーション会員制サービス「Re:sort@OKINAWA」より長期滞在者向けお得な宿泊プランが開始

2021年2月25日

ワーケーション、サブスクリプション、コワーキングスペースなどの提供を行ってきた沖縄ワーケーション会員制サービス「Re:sort@OKINAWA」。リゾートワークやテレワークに適したプランが欲しいという人向けに、新たな商品が販売開始となりました。

なんと「30泊10万円」で沖縄に滞在できるチャンスが到来

(画像:Re_sort@OKINAWAより抜粋)

2月末、2020年11月にサービスリリースされた定額会員制リゾートワークサービス「Re:sort@OKINAWA」から、長期滞在者向けの新プランが販売開始しました。JTBグループである株式会社JTB沖縄によるサービスです。これにより、なんと破格の「30泊10万円」で沖縄ステイが実現します。

「Re:sort@OKINAWA」とは

(画像:沖縄ワーケーション会員制サービス「Re_sort@OKINAWA」長期滞在者向けお得な宿泊プランを発表|株式会社JTB沖縄のプレスリリースより抜粋)

Re:sort@OKINAWAとは、離島航空便・コワーキングスペース・レンタカー・手荷物・ホテル・サービスデスクなどの様々なサービスが1年間利用できる「定額会員制リゾートワークサービス」です。サービスの対象は沖縄県「外」在住者に限られています。法人の出張・福利厚生や、個人での利用など、様々なシーンでの利用が可能で、これからの季節にはますます幅広い利用方法が期待されます。JTBグループの株式会社JTB沖縄と日本トランスオーシャン航空株式会社、及び株式会社マッシグラ沖縄タイムスがサービス連携し、国内初の定額会員制リゾートワークサービスとして発足しました。

背景

沖縄県の「入域観光客統計概況」によると、2019年度の来沖者数は約950万人だそうです。さらに、沖縄県「第5次沖縄県観光振興基本計画」によれば、2021年度までに1,200万の来沖者数を目標に観光振興を進めてきた経緯があります。この一方、沖縄が地域として目指している「世界水準のリゾート地」と比較すれば、現状として一人当たりの観光消費単価は低く滞在日数も少ないという課題も。また、夏季を中心としたいわゆる「繁忙期」に来訪者が集中するという独自の傾向もあります。こうしたあらかじめの状況プラスコロナ禍をうけ、JTB沖縄ではコロナ禍以前から社会的な多様化が進む中でのノマドのような「オフィスの場所に左右されずどこでも働ける」働き方が今後いっそう普及し、将来は職場近くに生活の拠点があるライフスタイルではなく、ロケーションフリーなライフスタイルへと変化することを予測しているのです。そのようにライフスタイルが変化した折、「沖縄」が自宅以外のもう一つの生活拠点として多くの人から選ばれる事が先に述べた課題解決にも繋がり、旅行者にも従来の観光旅行と異なる旅の楽しみ方・新たな価値が生まれるのではないかと予測されています。

サービスの特徴

Re:sort@OKINAWAでは、「あくまで仕事中心プラスアルファ旅を楽しむ」というリゾートワークの切り口でプランを展開してきています。リゾートワーク先進地を目指し、沖縄出張・沖縄ワーケーション等、沖縄の新たな滞在スタイルを演出し、元々は平日のみの滞在で合間にカフェやホテルの部屋で仕事をしてきた人、連休や週末利用の短期旅行で金曜に外せない仕事が入ると中止にせざるを得なかった人、といった滞在スタイルの人々に便利でうれしい会員特典を定額で提供しています。

利用料金

【コーラル会員】 有料 年会費3万円(税別)
【法人会員】 有料 出張・リモートワーク・福利厚生などの従業員向け
【トライアル会員】 無料 サービスの一部を3か月間体験可能

コーラル会員のサービスメニュー

・アイランドホッピング:那覇⇔沖縄離島間のJTA航空券3便
・コワーキングスペース:沖縄の提携コワーキングスペース使い放題
・手荷物配送:那覇空港→宿泊ホテルへ当日荷物配送サービス使い放題
・ホテル特典:提携ホテルでのサービス
・レンタカー特典:提携レンタカー店舗でのサービス
・サービスデスク:沖縄滞在をサポートする専用デスク

(参考:「日常に沖縄を」コンセプトに国内初沖縄特化の定額会員制リゾートワークサービス「Re_sort@OKINAWA」を発表│株式会社JTB沖縄

込められた思い

「sort」は整理するという意味や、日常会話として解決するという意味があります。
ニューノーマルを目指す世の中で、「旅の楽しみ方」や「働き方」、「生き方」など、自分のライフスタイルや環境を今一度(Re)整理する(sort)機会となってほしい。
また、「Resort」は「通う、しばしば行く」という意味もあり、短期的な旅行ではなく沖縄の地を通して新たなライフスタイルを創り出してほしい。
そんなサービスを目指していきます。

(参考:Re_sort@OKINAWA

 

Re:sort@OKINAWAの新プラン「Stay Bundle」とは

 

長期滞在者向けの新プランでは、Re:sort@OKINAWにおけるこれまでのコワーキングスペース・レンタカー・手荷物・ホテル・サービスデスクなど様々なサービスが1年間利用できる複合サービス型パス(コーラルパス)に加え、利用期間を限定したお得な滞在サービス商品をバンドルとしてリリースします。その第一弾として、株式会社かりゆしと業務提携を行い、ワーケーションに便利なコンドミニアムタイプのホテル3施設「かりゆしコンドミニアムリゾート那覇 グランステイ旭橋駅前」「かりゆしコンドミニアムリゾート那覇 龍神ホテル浮島」「リトルアイランド名護」を対象として「30泊10万円(税別)」のStay Bundleを販売します。第二弾以降も滞在に必要なサービスをバンドルとして販売し、会員向け滞在サービスを広げていく予定です。

 

Stay Bundle

販売期間:2021年2月25日~2021年12月24日

宿泊期間:2021年3月7日~2022年3月31日まで(※除外日:GW、お盆、年末年始、繁忙期)
宿泊権利日数:30泊(食事なし)
最小利用日数:1回3泊以上
申込設定人数:先着30名
対象施設:かりゆしコンドミニアムリゾート那覇 グランステイ旭橋駅前、かりゆしコンドミニアムリゾート那覇 龍神ホテル浮島、リトルアイランド名護

その他注意事項:
・お部屋タイプはツインまたはダブルの利用のみです。
・申し込み期限は、宿泊日の10日前までとなります(申込締切後の変更・取消は権利放棄となります)
・30泊未満の利用の場合も返金はありません。
・申し込み日数は3連泊以上から申し込み可能です。
・同行者1名まで追加代金1泊@1,000円(現地払い)で追加可能です。ベッド不要の未就学児(5歳まで)の子供は、1名まで同室可能です。
・予約、お申込はRe:sort@OKINAWAマイページから事務局宛にメール問合せとなります。

(参考:沖縄ワーケーション会員制サービス「Re_sort@OKINAWA」長期滞在者向けお得な宿泊プランを発表|株式会社JTB沖縄のプレスリリースより要約・抜粋)
Re:sort@OKINAWA:https://re-sort.okinawa/
問い合わせフォームもあり:https://re-sort.okinawa/contact

 

■会社概要

会社名:株式会社JTB沖縄
代表者:杉本 健次
本社所在地:沖縄県那覇市旭町112番地1 金秀本社ビル5F
設立日:1988年(昭和63年)5月26日
URL:https://jtb-okinawa.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ

株式会社JTB沖縄
問い合わせフォーム:https://re-sort.okinawa/contact

 

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP