ゲレンデの近くに停めたトラックでテレワーク!「モバイルワークステーション」の切り開く可能性とは

2021年01月31日

コロナ禍の影響で昨今一層推進されている「ワーケーション」。注目度が高まる一方で、実施方法や有効性など未だ解明されていないところや議論しきれていない部分も多いのが現状です。そんな中、妙高で軽トラックを使ったモバイルワークの可能性が実証実験中。スキーやウィンタースポーツにのびのびと没頭できる環境でクリエイティビティや新たな働き方を模索します。

 

「軽トラック」×「大自然」×「スキー・スノボ」 のモバイルワークが実現

(画像:https://dime.jp/genre/1073520/より抜粋)

妙高市(以下妙高市)、ダイハツ(以下ダイハツ)、NTTドコモ(以下ドコモ)、青山社中株式会社(以下青山社中)が共同で開始したのは、新潟県・妙高のゲレンデ近くに軽トラック(※)を停め、車内でモバイルワークを進めつつ、スキーやスノボも楽しむというワーク&バケーションスタイル(文字通りワーケーション)の実証実験です。ターゲットユーザーは主にウィンタースポーツを楽しむ層、いわゆるスキー・スノーボード愛好家だそうですが、それ以外の人であっても使い方は自由。現在も多数の問い合わせが続いています。

※軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィス「モバイルワークステーション」。

 

使用イメージ

(画像:https://dime.jp/genre/1073520/より抜粋)

基本的に仕事は軽トラ内のモバイルワークステーションで行い、息抜きにゲレンデで遊んだり、満天の星空を見ながら大自然の中でくつろいだりするスタイルがイメージされています。あるいは、観光をしながら仕事もしたりなどの有効な使い方を模索している最中でもあり、この実証実験で何らかの答えが得られることが期待されています。

 

利用方法

利用する場合は、まず妙高市内のレンタカー事業者「ニコニコレンタカー妙高高原店」に予約を入れます。そして当日、店舗または妙高高原駅前のロータリーで、モバイルワークステーションを載せた軽トラックをスタッフから引き渡してもらいます。実証実験のため、利用後にはアンケート回答が必須です。

レンタカー事業者:「ニコニコレンタカー妙高高原店」

(画像:https://www.2525r.com/niigata/myoko/store-00446-001.html より抜粋)

住所:〒949-2106新潟県妙高市田口1174
店舗電話番号:0255-86-2255
営業時間:平日07:00-19:00/土07:00-19:00/日07:00-19:00

 

利用料金

利用料金は、6時間プランが2,420円(税込)、12時間プランが2,635円(税込)、24時間プランが4,070円(税込)となっており、延長料金は1時間あたり1,265円(税込)です。料金には「車両代金」「自動車保険」も含まれています。給油代は別途発生します。また、スキー場のリフト料金やレジャー保険など使い方のバリエーションに応じた料金などは別途用意が必要です。

料金一覧:

プラン 利用料金
6時間プラン 2,420円
12時間プラン 2,635円
24時間プラン 4,070円

 

実証実験のねらい

(画像:https://dime.jp/genre/1073520/より抜粋)

本実証実験のねらいは、「自動車に乗って、好きな観光地で、好きな時間に働くことができる、新しい働き方の有効性の確認と、本格実施に向けた課題の洗い出し、事業性の評価を行う」ことです。

(参考:https://dime.jp/genre/1073520/ より抜粋、要約)

後の実用化にむけて

本実験を通してモバイルワークステーションのサービスの実質的な検証を行い、これからの時代に沿った新しい働き方の有効性について確認すること、そして今後ワークステーションを用いての本格的なワーケーション実施に向けた課題の発見や洗い出し、事業性の評価を行います。実験終了後には、モバイルワークステーションの居住性や快適さ、オフィスの機能性や使い勝手といった性能の改善を行い、シェアリングプラットフォームの導入による無人での貸し出し、課金決済機能の強化等々を通してユーザビリティ的な優位性を獲得し、引き続き検証を行う予定となっています。

 

背景には「働き方の変化」あり

本実証実験背景には、コロナ禍によるテレワークの拡大、政府の観光戦略実行推進会議にて提唱されてきたワーケーションの存在、そしてそれによる観光市場の拡大対策などの近年の状況がありました。このような過程を経てモバイルワークステーションのサービスを実用化へと繋げることで、コロナ禍の時代のワーケーションによる新しい働き方のスタイルを確立させることにも大きく貢献するでしょう。また、その、4者が中心となって日本全国におけるワーケーションの普及活動を行い、結果的に観光地域への誘客促進によって地域産業を活性化するという、まさに今後の時代のニーズに沿った地方の社会的な課題解決にも取り組んでいくことが見込まれます。

 

4者の役割

なお、各社の役割は以下の通りです。

妙高市:実証実験の総括を行います。また、実証実験に関して発生する関係機関との連携をはかります。
ダイハツ:オフィス機能を搭載したBOX(モバイルワークステーション)の貸し出しを行います。
ドコモ:モバイルワークステーション用の通信環境を整備します。また、シェアリングサービス導入にむけたシェアリングプラットフォームの技術検証も行います。
青山社中:妙高市の各種政策と本実証実験との整合性に関する各種助言を行います。

 

「モバイルワークステーション」について

(画像:https://dime.jp/genre/1073520/より抜粋)

実証実験で使用されるモバイルワークステーションには、設備の面でも様々な工夫がみられます。たとえば、備え付けの家具として、ソファーや木製テーブルを設置しています。ポータブル電源も貸与され、無料オプションとして、WiFiルーター、モニター、電気毛布、Bluetoothスピーカー、LEDランタンなどが準備されており、必要なものを貸し出ししてもらえます。電波がつながらない、といったワーケーションあるあるへの対策もばっちりですね。

 

想定される利用方法

モバイルワークステーションの利用人数の想定は、1台あたり2~4人を想定しています。したがってチームでも利用できる点も魅力。妙高市企画政策課未来プロジェクトグループの柴田潤一氏は次の様に話します。

「今回の実証実験は冬期間に実施をするため、ビジネス層のスキー・スノーボード愛好家を想定しています。軽トラックは2人乗りのため、オフィスBOXも2人を想定しています。ただし、オフィスBOXのスペースは4人までであれば利用することも可能ですので、例えば、モバイルワークステーションと別車両の2台で移動して、4人で利用することもできます」

(参考:https://dime.jp/genre/1073520/

 

利用の可能性

(画像:https://dime.jp/genre/1073520/より抜粋)

この「軽トラック」×「大自然」×「スキー・スノボ」という特殊なモバイルワークステーションにおいて、妙高市という立地も踏まえ、どのような利用の可能性があるかについても考えてみましょう。

たとえば…

・移動とオフィス機能をあわせもっていることで、観光地の2次交通として利用が可能となります。
・仕事場所を1か所に固定することなく、好きな時に好きな場所に移動して仕事をすることができます。
・WiFiルーターやモニターを貸与できるので、WEB会議にも対応しています。

また、本実証実験終了後は、これらの可能性を検証した結果とともに

・冬季の期間中の、寒冷地におけるオフィスBOX設置の課題を見つける
・仕事「以外」のモバイルワークステーションの活用方法を検討していく

などを予定しています。

 

新潟県妙高市について

妙高市(みょうこうし)は、新潟県上越地方にある市です。平成の大合併により新井市(あらいし)が周辺2町村を編入し、現在の名称に改称しました。新井市街地は、商店や工場が集積しています。周辺部は里山と農地が広がり、主に稲作が行われています。妙高山に近い地域は妙高戸隠連山国立公園地域も含まれ、斑尾山周辺と併せて温泉やスキー場など自然豊かな観光資源を持つ市です。
(参考:妙高市 – Wikipedia

 

■会社概要

会社名:ダイハツ工業株式会社

代表者:代表取締役社長 井伊 基之
本社所在地:〒563-0044 大阪府池田市ダイハツ町1番1号
設立日:明治40年(1907年)3月1日
URL:https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

 

会社名:株式会社NTTドコモ

代表者:代表取締役社長 雪本 智史
本社所在地:〒100-6150 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
設立日:1992年7月1日
URL:https://www.nttdocomo.co.jp/

 

会社名:青山社中株式会社

代表者:筆頭代表 CEO 朝比奈 一郎
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山2-19-3 サザンキャッスルビル2F
設立日:2010年11月15日
URL:https://aoyamashachu.com/

 

■本件に関するお問い合わせ

妙高市

企画政策課 未来プロジェクトグループ
TEL:0255-74-0044
kikakuseisaku@city.myoko.niigata.jp

 

ダイハツ工業株式会社

広報・渉外室
TEL:(大阪)072-754-3047/(東京)03-4231-8854

 

株式会社 NTT ドコモ

5G・IoT ビジネス部 ソーシャルイノベーション 推進・先進ソリューション 第一担当
TEL:03-5156-3431
env-innovation-pjml@nttdocomo.com

 

青山社中株式会社

TEL:03-5474-8995
pr@aoyamashachu.com

 

関連記事

「ワーケーション用オフィスを軽トラに搭載!仕事の息抜きにスキー!妙高で3月末まで実験へ」

 

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP