SDGsとは?

「SDGs」は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、地球上で「誰一人取り残さない」ことを誓い、17の大きな目標とそれらを達成するための具体的な169のターゲットから構成されています。

 

「SDGs」とは?内包する17の目標と169のターゲット

17の目標」の外観

17の目標について概観してみましょう。

まず、

1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロに

3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

5.ジェンダー平等を実現しよう

6.安全な水とトイレを世界中に

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

といった、貧困や飢餓、健康や教育、さらには安全な水など開発途上国に対する支援に関する目標、あるいは、

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任 つかう責任

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

などのエネルギー、働きがいや経済成長、まちづくりの話等々先進国にも密接に関わりのある目標、さらに

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

16.平和と公正をすべての人に

17.パートナーシップで目標を達成しよう

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

といった気候変動、海や陸へと言及する世界包括的な目標から成ります。

 

「169のターゲット」の例

これらの17の目標各々に対して、平均10個程度、合計で169個のターゲットが存在しています。ここでは、膨大なそれらのうち、「1.貧困をなくそう」についてのターゲットの一部を確認してみましょう。

 

1.1        2030 年までに、現在 1 日 1.25 ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。

1.2        2030 年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。

・・・

1.a        あらゆる次元での貧困を終わらせるための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協

力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの相当量の資源の動員を確保する。

・・・

全文は以下の文書でも確認出来ます。

(全文:我々の世界を変革する:持続可能な開発のための 2030 アジェンダ

 

世界的なSDGs達成状況と日本の現状

SDGsの強みは、「設定した数値目標を定期的にモニタリングしていく」点にあります。

モニタリングの枠組みには、国際的なものとして国連ハイレベル政策フォーラム(HLPF:High Level Political Forumがありますが、「実際のSDGsの達成状況は見える化はされていないのか」という声も屡々・・・そこで、前国連事務総長であるパンギム氏創設のNPO団体によって以下の通り進捗状況がまとめられています。

OECD 各国アフリカ

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

SDGsの本質に迫る「2030SDGsカードゲーム」

イマココラボでは、このように世界全体で取り組む壮大なSDGsの世界観について、楽しみながら体験を通じてその本質を学ぶことができる2030SDGsカードゲーム」を開発。ゲーム体験者の多くが「全体で達成する目標が見える化されてたので自分自身の行動が変わった」と口にしています。(本記事下部であらためて案内があります。)

ゲームについて詳しくはこちら:https://imacocollabo.or.jp/games/2030sdgs/

 

日本での取り組み

さて、世界的な取り組みとしてのSDGsについての日本での対応は、2016年5月20日、安倍総理が本部長、全国務大臣がメンバーとなり、第1回「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合」が開催され、それ以降も毎年2回同じメンバーでの開催を繰返してSDGsの取組みについて決定しています。第2回目の会合では総理自らSDGs関連に対して9億ドルの支援、30億ドルの取り組み、つまり日本円にして合計約4000億円を投資する旨を提示しており、これが現在のこの国のSDGsへの取り組みのベースとなっています。

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

さらに、2019年末に政府主導で発表した「SDGsアクションプラン2020」では以下3つの骨子が発表されました。

1.SDGsと連携する「Society(ソサエティー)5.0」の推進

2.SDGsを原動力とした地方創生、強靭かつ環境にやさしい魅力的なまちづくり

3.SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント

※「SDGsアクションプラン2020~2030年の目標達成に向けた「行動の10年」の始まり~」より抜粋:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/dai8/actionplan2020.pdf

1は経済・ビジネスの観点から、7年ぶりに経団連が行動企業憲章を改定して打ちだしたSociety5.0(ソサエティー5.0)というコンセプトの元でSDGsを実現してゆこうとするものです。狩猟社会(Society1.0)→農耕社会(Society 2.0)→工業社会(Society 3.0)→情報社会(Society 4.0)→超スマート社会(Society 5.0)として現代社会を位置づけ、その中でSDGsを推進してゆくことをうたっています。

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

2は地方創生を実現していこうというもので、その中でも最も大きな動きとして2020年7月17日に発表されたSDGs未来都市(持続可能な都市・地域づくりを目指す自治体を選定し、政府が予算もつけてサポートしていこうという取り組みで、33の都市が選定、10都市には予算が付与されています)が挙げられます。これは取り組みの「経済」、「環境」、「社会」の3つの観点から持続可能性を見ているという点で特徴的です。

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

3は1および2でフォーカスし辛い内容をカバーしており、「働き方改革」、「女性の活躍推進」、「ダイバーシティ・バリアフリーの推進」、「子供の貧困対策」、「次世代の教育振興」、「健康経営の推進」、「感染症対策等保健医療の研究開発」など、結果として“人”にフォーカスした内容を膨大に取り扱っています。

 

 

世界的なトレンドと日本への影響

 

ESGの台頭

さて、持続可能な世界を実現する「企業・市民社会からの」動きはSDGsですが、一方「投資家からの」動きとして、当の投資家をはじめとしたビジネスの分野でも、世界の解決すべき課題を環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の3つの観点(頭文字をとってESG )から行おうとする動きが高まっており、ESGに配慮した責任ある投資をESG投資といいます。

2016年のESG投資は世界全体でみるとなんと2500兆円を超えており、これは2010年の669兆円を大きく上回って加速しています。これは、持続可能な世界に考慮した活動を行う企業がその活動によってブランドイメージを獲得し、消費者からも支持されることによって投資家による投資対象となってきた過程でもあるのです。

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

他にも、パリ協定によって21世紀後半までに温室効果ガスの排出量を実質0にしようとする目標が定められて以降、それまで投資家に依る安定的な利益生産物であった化石燃料が投資商品としての価値を失い、資産とはみなされなくなったことで多くの投資家が投資を引き上げたこと(ダイベストメントの一つ)なども象徴的です。このようにリスク回避を経てESG投資に回される資金が増えたのも事実です。

 

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

日本で今後良質な投資を受けるには

※「SDGs(エスディージーズ)とは?17の目標を事例とともに徹底解説 _ 一般社団法人イマココラボ」より抜粋:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

こうした流れは日本にも影響を与えています。たとえば、世界最大のファンドでもあり我々の年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、2015年9月28日にPRI(責任投資原則:ESGに配慮した投資を行うための国連が定めた宣言)に署名したことが挙げられます。GPIFは数年以内に3兆円程度をESGs投資へ変更する旨も公表しており、これは日本でも世界の動きに連動し投資家の視点からSDGsの達成に貢献する企業へのESG投資がさらに高まっていっているということを示しています。今後良質な投資を受けるには、SDGsの達成に向けた企業活動こそ最善策と言えるでしょう。

 

日本企業の今後

 

こうした過程を経て、日本でもSDGsに積極的に取り組む企業が増えていますが、多くの企業ではSDGsの認知度が経営層で28%、中間管理職においては4~5%程度と低迷をつづけているなど、未だCSRの一環としてSDGsを捉えている現状が目立ちます。一方、SDGsをビジネスチャンスとして捉えた企業が注目を浴びたり、環境や社会に配慮した優良企業というイメージを獲得する好循環も生じています。イマココラボでは先に述べたカードゲーム、イベントやメルマガなどでSDGsに関する情報発信を行うなどを通して、SDGsを企業、学校、団体やコミュニティーに浸透させ、持続可能な豊かな世界を創造するためのお手伝いをしています。SDGs達成にむけて積極的な役割が期待されている企業向けに研修・オンライン研修もご提供しているので、ぜひ以下会社情報から情報にアクセスしてみて下さいね。

 

■会社概要・問い合わせ先

会社名:一般社団法人 イマココラボ
代表者:代表理事 稲村健夫
本社所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目8番地5麹町285ビル2階
設立日:2016年10月
URL:https://imacocollabo.or.jp/
カードについて知るにはこちら:https://imacocollabo.or.jp/games/2030sdgs/
イベントの予定はこちら:https://imacocollabo.or.jp/events/future_events/
メルマガ登録はこちら:https://flexcrm.jp/f/DpimoSuK/
企業での活用はこちら:https://imacocollabo.or.jp/services/
イマココラボへのお問合せはこちら:https://flexcrm.jp/f/HcR0i8Wh/

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP