移住したい県No.1の長野県、クリエイティブ人材確保へ。移住・テレワーク・副業促進プロジェクト「信州移住ラボ」が開始

2021年2月24日

「移住したい県」No.1である長野県。テレワーク、副業、ワーケーションなど、近年の働き方の変化をうけ、民間企業とのタッグで「移住するってどんなこと?」のリアルを発信しています。移住だけでなく、クリエイティブ人材の二地域居住など今後のニーズも模索します。

長野県が移住のリアルを発信「信州移住ラボ」


(画像:移住したい県No1“長野県”をクリエイティブ人材が集まる場所へ長野県が移住・テレワーク・副業促進プロジェクト「信州移住ラボ」を開始:時事ドットコムより抜粋)

長野県は2月24日、全国のローカル地域の情報を発信する数々のプロジェクトで知られる「(株)Huuuu」とともに、移住の課題や疑問に向き合うコンテンツを発信する方向性を固め、「信州移住ラボ」を開始しました。「信州移住ラボ」は、県内の若者世代やクリエイティブ人材の移住・ワーケーションと呼ばれるリゾートテレワーク促進のため、実際移住する場合の「リアルさ」を追求した移住に関する情報発信プロジェクトです。仕事・暮らし・コミュニティなどの長野県におけるリアルな情報発信を行うことを通してその魅力を広く知らしめることで、近年の働き方の変化に伴って人気の高まる二地域居住や副業・兼業、リゾーテレワーク(ワーケーション)などの実践先として長野県が選ばれるためのブランディング推進に繋げていく予定です。

 

「信州移住ラボ」発足の背景とコンセプト

現在、新型コロナウイルス感染症にともなう社会情勢の急激な変容で、ウィズ・アフターコロナ社会における生活や仕事では、都心から「地方」への関心が高まりを見せていることはご存じの通りです。そこで、長野県では、「移住」、「二地域居住」の実践先として当該県や地域が今後多くの人によって選ばれる機会を生むべく、「社会人を対象としたUIJターン促進事業」や、「おためしナガノ」(県外のIT人材・企業に対し、県内に住みながら仕事をする機会を提供)などの支援策をこれまでにも提供してきました。

今回は今までのプロジェクトに加え、新たに若者世代やクリエイティブ人材を主なターゲットとして、移住・テレワーク・副業促進プロジェクト「信州移住ラボ」を開始しました。このプロジェクトでは、リアルな移住の課題や疑問へと向き合うコンテンツを多数制作、発信していきます。とりわけ、その人自身が発信力を持ち、高い創造性を有している「クリエイティブ人材」を当事業におけるメインターゲットとして据え、地域の活力創出 に寄与することが期待されています。

 

補足:クリエイティブ人材とは?

クリエイティブ人材とはある特定の職に就いている者や有資格者のみを指すのではなく、創造的価値観を持ち、主体的・能動的に行動する志向性を有する者

(参考:移住したい県No1“長野県”をクリエイティブ人材が集まる場所へ長野県が移住・テレワーク・副業促進プロジェクト「信州移住ラボ」を開始|長野県のプレスリリース

 

理想ではなく「リアル」さが人を動かす

最近はなにかと話題の移住・テレワーク・副業促進。良い側面ばかりが多く取り上げられ、それに惹かれる人は居るものの、実際のところどうなの?といった疑問に答えてくれるコンテンツは決して多くありません。人を動かすには、生の声を通した「リアル」さが重要です。プロジェクトにおけるターゲットであり、本来は情報を受け取る側のクリエイティブ人材を「発信者」として据え、コンテンツを制作・発信してゆく予定です。そうすることによって、発信されていく情報の質が「リアル」になってゆくでしょう。そしてその「リアル」なコンテンツたちが、発信者と同じように移住への関心を持つクリエイティブ人材を動かしてゆくでしょう。

実際に、国内外で社会的事業の立ち上げを行いながら数々のコミュニティを立ち上げ、自身も2014年に長野の軽井沢へ移住を果たした株式会社Hub Tokyo代表取締役&共同創業者/Community Builderである槌屋詩野さんは、現在の「移住ブーム」を指して、作り上げられた理想や美しいイメージには裏があり、つくられたイメージに踊らされないためには実体験が大切だと強調しています。

実体験は大切です。周りから見たら勇敢な行動をしているように見えるかもしれないけれど、足を運んで、目で見て、体感してと、かなり周到な事前リサーチをしていますから。飯綱高原に移住する際には、休日を使ってパートナーと1〜2時間ドライブして、長野県内のさまざまな候補地に何度も足を伸ばして確かめていました。

(画像・文ともに「移住ブーム」に踊らされない。リアルを見つめる移住論|CAIXA -好奇心を入れる箱-より抜粋)

槌屋さんはまた、移住ブームに踊らされることなく、自分の判断で移住するorしないを決めたり、移住先を検討できるようになることが、地方行政とそこに住む人の両者にとって良い展開を生むとしています。

 

コンセプトとプロジェクトの見通し

移住をするということには、住む場所を変える以外にもいくつか重要な意味があります。住それは、「時間の使い方」や「付き合う人」など、まさに人生自体を変えること。「信州移住ラボ」では、仕事・暮らし・コミュニティなど、長野のリアルな情報を発信してゆくことを通して、若年層・クリエイティブ人材の移住の答え探しをサポートしていく予定です。

 

◆「信州移住ラボ」概要

2020年度、「信州移住ラボ」プロジェクトでは、移住に関する疑問や悩みに向き合うコンテンツを制作し、随時発信していく予定です。2021年3月中旬までに4つの記事コンテンツを制作。長野県が今年3月に新たに開設する移住関連情報の総合サイト「SuuHaa(スーハ―)」、そして二地域居住者向けサイト「ニブンノナガノ」、クリエイティブ人材に多く支持されているメディア「CAIXA -好奇心を入れる箱-」の三か所で公開していきます。

コンテンツ制作には、全国ローカル地域の情報発信に強みをもつ編集者集団(株)Huuuuが参画している点も注目です。

コンテンツの中身は、長野県知事 阿部守一氏への「長野県への移住」に関するインタビューをはじめとして、トラックメイカー・コミュニティビルダーなどの多種多様でホットな移住事例を紹介し、従来の移住促進施策にはない、リアルな切り口で情報発信をしていきます。なによりそこに暮らす人や携わる人の生の声をじっくり聞いてみたい!という人にもぴったりです。

 

公開先のURLはこちら

SuuHaa(スーハ―):https://suu-haa.jp/

ニブンノナガノ:https://nibunno-nagano.jp/

CAIXA -好奇心を入れる箱-:https://caixa.jp/

 

【注目】4つの記事コンテンツ

ひとりの“移住者”でもある、長野県知事に聞く。「阿部さん、大人になってからでも『故郷』は作れますか?」|CAIXA -好奇心を入れる箱-

とりあえず家買ってまえ!長野で100万からはじめる“飽きない”DIY地方移住|CAIXA -好奇心を入れる箱-

「移住ブーム」に踊らされない。リアルを見つめる移住論|CAIXA -好奇心を入れる箱-

「地元は好き、でも戻れない」上京した女性たちが長野に帰りたくても帰れないワケ|CAIXA -好奇心を入れる箱-

(いずれの画像・記事ともにCAIXA -好奇心を入れる箱-より抜粋) ※SuuHaa、ニブンノナガノでも同様の記事を読むことができます。

 

長野県について

「信州」(しんしゅう)と呼ばれることも多く、特に観光ガイドでは「信州」と呼ばれる長野県。古代は、科野(しなの)と記されました。日本の都道府県のなかでトップクラスの長寿の県として知られ、2020年現在、都道府県別健康寿命では男女共に1位でした。

(参考:Wikipedia

(画像:移住したい県No1“長野県”をクリエイティブ人材が集まる場所へ長野県が移住・テレワーク・副業促進プロジェクト「信州移住ラボ」を開始:時事ドットコムより抜粋)

移住に関する相談件数全国1位、県内への移住者数も増加の一途をたどる長野県。

総務省の調査によると、各都道府県及び市町村の移住相談窓口等において令和元年度中に受け付けた相談件数は、全体で約315,700件となり前年度から約17,700件増加。

(参考:移住したい県No1“長野県”をクリエイティブ人材が集まる場所へ長野県が移住・テレワーク・副業促進プロジェクト「信州移住ラボ」を開始:時事ドットコム

そんな中、各都道府県別にみても長野県は全国で最も相談件数が多い。長野県内の移住者数*においても、平成29年度(1,908人)から増加を続け、令和元年度には計2,323人となっており、移住先として注目が高まっています。

 

■会社概要

会社名:株式会社 Huuuu
代表者:代表取締役 徳谷 洋平
本社所在地:長野県長野市三輪6-10-14 CAMPIT日の出 B号棟204
設立日:2017年1月
URL:https://huuuu.jp/
事業内容:全国47都道府県を編集するギルドチームです。長野を拠点に、全国を移動しながらその土地のライター・編集者、クリエイター、生産者、職人、地方行政と関係を築き、取材、編集、コンテンツ制作を行っています。

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP