【新潟県胎内市】コワーキングスペースやグランピング施設を整備_ワーケーションの本格始動

観光地で働きながら休暇をとるワーケーションの取り組みが全国で進められている中、新潟県胎内市に宿泊施設を構える株式会社胎内リゾートは、同社が運営する「ロイヤル胎内パークホテル」と「奥胎内ヒュッテ」の二つの施設でワーケーションを実施できる環境を整備しています。

ロイヤル胎内パークホテル

niigataken_tainaishi_6

「5つ星の贅沢」をコンセプトに当ホテルは誕生しました。大理石をふんだんに使用したロビーや、洋館を思わせるステンドグラス、質の高い家具・調度品によるラグジュアリー感は、他のホテルでは味わえない非日常の世界をつくりだしており、春は桜や新緑、秋には紅葉が楽しめる屈指の渓谷で、ホテルの脇を胎内川が流れ、日本屈指の山脈・飯豊連峰を眺めます。
当ホテルの目の前で吹き上がる大噴水。夜はライトアップされ、周りではスワンボートも楽しめます。
宿泊費用は2020年9月時点で7,100円~宿泊可能

アクセス

●新潟市から約60分
新新バイパス→7号線→加治川を渡ったらニノックス方面・国道290号を北上→ロイヤル胎内パークホテルの看板から右折→山を登って約10分

●新発田市から約35分
7号線を北上→加治川を渡ったらニノックス方面・国道290号を北上→胎内ホテルの看板から右折→山を登って約10分

●長岡市から高速経由で約90分
日本海東北道・中条ICで降りる→国道7号に入り北上→胎内観音方面へ右折→山を登って約20分

 

奥胎内ヒュッテ

niigataken_tainaishi_5

普段人が立ち入ることができない大自然の中にあり、りバードウォッチング、カメラシューティング、フィッシングなど、 思い思いに大自然との対話が可能で、近くにはスキー場などあり四季折々の顔があり、ランチのみでも可能、宿泊費用は2020年9月時点で9,500円~宿泊可能

アクセス

●車をご利用の場合
日本海東北自動車道 中条ICから(R7下館十字路~24KM)

●電車をご利用の場合
新潟駅から… 中条駅(特急利用・羽越本線)…約30分
東京駅から… 中条駅(上越新幹線利用・新潟駅乗り換え羽越本線) …約3時間
中条駅からはタクシーで約50分。

 

コワーキングスペースやグランピング拠点を整備

前述の「ロイヤル胎内パークホテル」と「奥胎内ヒュッテ」の宿泊施設内に、いつでも仕事のできるコワーキングスペースと、キャンプのできるグランピングの拠点を開設するだけでなく、トレッキングや収穫体験プランなどと組み合わせたプランの提供を、企業研修やワーケーションでの利用を視野に入れ2020年10月中旬から開始する予定です。

ロイヤル胎内パークホテルは、新潟県の周囲が山々に覆われた自然豊かな場所に位置しています。アクティビティとしてスキー、ゴルフ、テニス、パラグラダー、フィッシング、ボートなどを楽しむことができる宿泊施設です。また、ビール園やキャンプ場などが周辺にはあるだけでなく、サイクリングなどのアクティビティも楽しむことができる人気の宿泊施設です。
参照:ロイヤル胎内パークホテル

【ロイヤル胎内パークホテル】ワーケーション環境が整備

niigataken_tainaishi_2
ロイヤル胎内パークホテルでは、野外アクティビティを楽しむことの出来るグランピング施設だけでなく、ワーケーションを行う上で欠かせないコワーキングスペースを完備しており、企業の研修などで活用されています。また、グランピング施設の一般向けの貸し出しは、企業向けの利用がない日に限って行われています。また、奥胎内ヒュッテという同系列の宿泊施設では、ロイヤル胎内パークホテルと同じくコワーキングスペースを開設するともに(非常設)グランピング設備の貸し出しも行っています。奥胎内ヒュッテは鳥のさえずりが聞こえる静かな環境で研修に集中したい一般企業向けの宿泊プランになっています。

また、マコモダケ収穫体験やトレッキングなど同宿泊施設が有する複数ある観光プランを組み合わせ、仕事をしながら休暇を楽しむことのできるワーケーションの特色を前面に打ち出した研修プランにすることもできます。
参照:にいがた経済新聞

自然豊かな環境で本格的キャンプ場

niigataken_tainaishi_3
ロイヤル胎内パークホテルの芝生広場内で、キャンプ設備持ち込みが必要となりますが、キャンプスペースが提供されています。また、本格的なキャンプ設備を整備し、貸出も始める予定です。そのため、大自然に囲まれた環境でつかの間のひと時過ごすことができます。
参照: にいがだ観光ナビ リゾートホテルで快適キャンプ

マウンテンバイクを楽しめるアクティビティ

niigataken_tainaishi_4
また、胎内市夏井の丘陵地「胎内平」に新潟県内の自転車愛好家有志がマウンテンバイクを走らせるために整備したコースである「胎内MTBパーク」が2020年9月5日にオープンしました。ロイヤル胎内パークホテルの施設内にはイタリアの老舗メーカーbenelliのアシストMTBや、電動自転車を設置・レンタルがされており、マウンテンバイクの愛好家にとっては嬉しい、走行コースや、観光施設めぐりなどに使ってもらうプランも始める予定であり、アクティビティをしながら仕事を進める環境を着々と整備が進んでいます。
※新潟日報モア参照:マウンテンバイクコース 胎内に誕生

また、ロイヤル胎内パークホテルでは「電動自転車のレンタルと日帰り入浴セットプラン」、「電動自転車とキャンプ宿泊のセットプラン」などアクティビティを楽しむことのできるプランも始める予定です。

ワーケーションを取り入れた宿泊プランを整備している「ロイヤル胎内パークホテル」と「奥胎内ヒュッテ」は、Go Toトラベル事業をすることで割安で利用することができます。そのため、自然を満喫しながら、リラックスした状態で仕事をされるのはいかがでしょうか?

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP