アウトドアサービス「MOMP(モンプ)」ではモビリティ×アウトドア×ワーケーション×地域創生の融合が実現!

2021年3月29日

ワーケーションの可能性について、日々様々な企業が模索していますが、新サービス「MOMP(モンプ)」ではモビリティ、アウトドア、地域創生との融合が実現します。全国各地の自然の中や高速SA 、道の駅にアウトドア空間を作り出すほか、防災に配慮した新たな取り組みからも目が離せません。

全国各地の自然の中や高速SA、道の駅にアウトドア空間が誕生

(画像:モビリティ×アウトドア×ワーケーション×地域創生を融合した新しい生活様式を提案!アウトドアサービス「MOMP(モンプ)」提供開始|株式会社PARKERのプレスリリースより抜粋)

モビリティ×アウトドア×ワーケーション×地域創生を融合した、アフターコロナの新しいライフスタイルをデザインするアウトドアサービス「MOMP(モンプ)」が、株式会社PARKERより2021年3月29日に発売開始されました。2021年夏には3拠点でスタートを予定しています。

MOMPサービスサイト:https://www.momp.love

MP誕生の背景には「10年後の暮らし方」への想いが

(画像:モビリティ×アウトドア×ワーケーション×地域創生を融合した新しい生活様式を提案!アウトドアサービス「MOMP(モンプ)」提供開始|株式会社PARKERのプレスリリースより抜粋)

2020年が激動の年であったことを否定する人はもはや居ないでしょう。COVID-19(新型コロナウイルス)は未曾有の社会変革を我々に余儀なくさせました。あらゆるジャンルにおいて「新しい〇〇」が誕生しましたが、なかでも「ライフスタイル」に対する生活者の意識は過渡期にある現状です。とりわけ、アウトドアにおけるエンターテインメントでは、ソーシャルディスタンスを確保できないフェス、スポーツといった物事には規制が敷かれました。また、旅行を購入した場合でも行政の事情によってキャンセルの不安が付きまといます。ライフスタイル、とりわけアウトドアのエンターテインメントを取り巻く状況には厳しいものがありました。そこで感染対策の完備されたキャンプのあり方が再考され、「ラグジュアリーなキャンプ」=グランピングという形でブームとなってきたのも記憶に新しいでしょう。Googleトレンドを見ても、「グランピング」という言葉は昨年夏にかけて例年と比較して2倍から3倍ほどの検索件数を獲得しているのです。

では、グランピングの次は…?一体、どのようなアウトドアが誕生するでしょうか。元々、キャンプのような娯楽は産業革命による余暇の産出によって生まれました。以降20世紀初頭に自動車が実用化されたことなどを経て、輸送形態の大いなる変化によって、それまでよりも一層、日常生活に近い体験を自然の中に持ち込むことが可能となったのです。そして今、その自動車にも変革期が訪れています。自動運転技術の進歩や燃料受給、MaaSの進展によって、アウトドアの未来は大いなる岐路に立たされているのです。

MOMPによる提案「新しいアウトドア」

このたびリリースされた「MOMP(Mobility Camp Sernice)」は、未来のアウトドア・レジャーを志向した、新時代のモビリティ体験を実現するサービスです。「理想のライフスタイルの実態調査」(2021年3月に実施)によれば、アフターコロナのライフスタイルに必要なものが変化していることがうかがえます。たとえば、81.1%の会社員が「新しいライフスタイルを形成したい」と回答し、83.0%のIT企業会社員がテレワークで「外出してリフレッシュする機会が減った」と意向を明らかにしています。(参考:進むテレワーク、81.1%の会社員が「新しいライフスタイルを形成したい」と回答「グランピングワーク」にも興味|株式会社PARKERのプレスリリース)MOMPでは、全国各地の自然の中や高速SA 、道の駅にアウトドア空間を作り出し、既存の概念に捉われないアウトドア・レジャーを設計することを通して、時間や場所を問わず仕事ができ、気軽に旅ができる時代を現実のものにするべく、快適な車内生活を可能にする空間を創造します。

MOMPってどんなサービス?

MOMPでは、アウトドア事業プロデュース、遊休地活用コンサルティング等、多様なスキームを用意。中でもモビリティ×アウトドア×ワーケーション×地域創生を融合した、新しい生活様式の提案は今後の展開が期待されます。全国各地の自然の中や高速SA 、道の駅にアウトドア空間を創造します。

MOMPイメージ例:

(画像:MOMP _ 新時代のモビリティーキャンプサービスより抜粋)

MOMPサービスサイト:https://www.momp.love

防災関連対策も!株式会社オーキットと提携

(画像:モビリティ×アウトドア×ワーケーション×地域創生を融合した新しい生活様式を提案!アウトドアサービス「MOMP(モンプ)」提供開始|株式会社PARKERのプレスリリースより抜粋)

MOMPでは、オーキット株式会社との提携により防災関連の対策及び不動産事業を推進中。多彩なスキームの背景にはこのような連携が必要不可欠といえるでしょう。

【補足】オーキット株式会社について

社名:オーキット株式会社
代表者:代表取締役 包原 茂
所在地:〒163-6004 東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー4階
資本金:9,990,000円
事業内容:不動産事業/再生可能エネルギー事業/地方創生関連事業
サービスURL:https://www.oakit.co.jp/

ディレクターにはTeam Outsideより「快適生活研究家」田中ケン氏が就任!

(画像:モビリティ×アウトドア×ワーケーション×地域創生を融合した新しい生活様式を提案!アウトドアサービス「MOMP(モンプ)」提供開始|株式会社PARKERのプレスリリースより抜粋)

MOMPでは、ディレクターとしてTeam Outsideより「快適生活研究家」田中ケン氏を擁して新しい試みを模索します。田中氏は、高校3年のときにサッカーの東京代表として全国大会に出場し、高校卒業後は「ポパイ」「メンズクラブ」などの男性雑誌を中心にファッションモデルとして活躍したタレントです。田中氏は25歳で父親になり、子供のころに体験したアウトドアに再会。サバイバルレースや冒険型トライアスロンにも積極的に出場し、「アウトドアを取り入れることで、生活はもっと快適になる」を信念に、「快適生活研究家」として各メディアで活動してきました。自身のプロデュースで、キャンプ場「outside BASE」(群馬県北軽井沢)とファミリーパーク那須高原(栃木県那須町)をオープンしています。田中氏はMOMPについて次のように述べています。

この数年続いているキャンプ人気は一時期的なファッションにとどまらないと考えています。アウトドアはライフスタイルの一つとして、文化として定着している様子がうかがえます。コロナ時代に個の移動ができる車が再評価され、国内もで欧米発のバンライフの流れが強まっていますよね。車中泊向けの施設を駐車場に整えた「RVパーク」が今人気ですが、さらに施設の利便性を高めたり、景色のいいところに設営しようとする動きが私の周辺でもみられます。実際にキャンプ場で焚き火やキャンプ料理を楽しみながらも、拠点を車にすれば、約1時間もかかっているような設営撤収の手間もわずか。チェアやテーブル、焚き火台をセットするぐらいですみます。何よりも、悪天候のときにも安心してゆったり寝られるのは、いいですね。アウトドアと車中泊の組み合わせは便利です。2021年にはさらに車中泊やバンライフを発展させた「モビリティキャンプ」、略して「モンプ」が脚光を浴びるとみています。

(参考:モビリティ×アウトドア×ワーケーション×地域創生を融合した新しい生活様式を提案!アウトドアサービス「MOMP(モンプ)」提供開始|株式会社PARKERのプレスリリース

田中氏のYou Tubeチャンネル…https://www.youtube.com/channel/UC7homhYq0f7gq-lrbx-sLPQ

MOMPでは、全国各地から事業地を募集中!

MOMPは、全国各地から事業地を募集しています。

遊休地、レジャー施設オーナー様、自然溢れる土地をお持ちの方、ワーケーションの土地を整備したい方など、外出に人目が付き纏う中で、自然の中で感染症に配慮した暮らしができる、これからのリフレッシュ方法としてMOMPを導入したい方はぜひご連絡してみてください。
連絡先:h.takenaka@parker.kyoto

 

■会社概要

会社名:株式会社PARKER
代表者:代表取締役 竹中久雄
本社所在地:京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721番地の1
設立日:2017年12月
URL:https://parker.kyoto

■本件に関するお問い合わせ

株式会社PARKER
メール:h.takenaka@parker.kyoto
「MOMP _ 新時代のモビリティーキャンプサービス」サービスURL:https://www.momp.love

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP