「みらいワークス」×「南紀白浜エアポート」業務提携!ワーケーション・都市部副業人材活用推進で「空港型地方創生」を!

2021年2月3日

地方圏の課題として挙げられる「人材不足」。和歌山県では2018年に民営化した南紀白浜空港の運営会社である「南紀白浜エアポート」と人材マッチングサービスを主に行う「みらいワークス」とがタッグを組み、こうした課題解決に乗り出しています。

 

「みらいワークス」と「南紀白浜エアポート」が業務提携!


(画像:みらいワークスと南紀白浜エアポート、業務提携 ワーケーションと都市部副業人材活用を推進し、「空港型地方創生」を目指す|株式会社みらいワークスのプレスリリースより抜粋。「(左)南紀白浜エアポート 代表取締役社長 岡田信一郎 (右)みらいワークス 代表取締役社長 岡本祥治」)

プロフェッショナル人材に特化したビジネスマッチング及び転職支援を行う「みらいワークス」と南紀白浜空港特定運営事業等を行う「株式会社南紀白浜エアポート」が、業務提携を行い、今後は人材支援によって地域企業の事業強化を行う意向を示しています。

 

株式会社南紀白浜エアポートとは?


(画像:南紀白浜空港 時刻表,割引運賃,観光案内より抜粋)

株式会社南紀白浜エアポートは、南紀白浜空港の運営元として知られ、2018年に空港が民営化を果たした結果誕生した会社です。

 

コンセプトは「空港型地方創生」

株式会社南紀白浜エアポートでは、「空港型地方創生」をコンセプトとして掲げ、世界遺産である熊野古道や高野山、アドベンチャーワールド、温泉や自然など豊富な観光スポットである南紀白浜。それにくわえ、ニューノーマル時代の新たな働き方としてテレワークと休暇を組み合わせた「ワーケーション」に対応した地域であるべく、誘客活動を通じた関係人口増大による地域の活性化に力を入れています。

 

「南紀白浜空港」について

民営化して以降2018年の年間利用者数16万人を2038年までに30万人へと拡大させることを目標に掲げ、リゾート地の小さな空港だからこそ、そして街から5分の地域密着空港だからこそ、を極めた「国内外からの旅客が到着した瞬間に上質な非日常感に心躍らせる空港」「地元の人々や非空港観光客が自然と集い、一日中活気に満ち溢れた地域拠点」「職員全員がコンシェルジュとして旅客一人一人に寄り添う空港」であることを目指しており、地方創生の観点から非常に注目度の高い空港となっています。ただし、昨今のコロナ禍によって令和2年の目標旅客数は「未定」。このような状況下でも「定期便に向けた航空需要の回復」を掲げ、「ビジネス需要の獲得(ワーケーション推進、IoT企業誘致、MICE誘致による安定需要の底上げ)」「着地型商品の造成強化と旅行代理店との連携による誘客強化」「地域からの航空需要の喚起(空港イベント開催や地元旅行代理店と連携した利用促進)」を当座の計画としています。
(参考:株式会社南紀白浜エアポートR2年度事業化計画

 

株式会社みらいワークスとは?


(画像:みらいワークス|プロ人材が独立・起業・転職・副業を自由に選択より抜粋)

株式会社みらいワークスは、「プロフェッショナル人材がライフステージに応じて、独立・起業・副業・転職を自由に選択して働ける社会創り」を目標に掲げ、エコシステムの構築を通してプロフェッショナル人材が挑戦できるきっかけを提供することで、企業の成長・発展へと貢献してきました。

要となる商品として、地方中小企業で副業を希望する都市部人材約5,000名が登録する、副業マッチングプラットフォーム『Skill Shift』があります。

 

『Skill Shift』で出来るコト

Skill Shift』では、地方中小企業と都市部の優秀な人材をマッチングさせることができ、新商品開発、マーケティング、販路開拓、業務改善等、さまざまな経営課題の解決へとつなげることが出来ます。


(画像:みらいワークス|プロ人材が独立・起業・転職・副業を自由に選択よりキャプチャ生成)

 

プロフェッショナル人材のマッチングで社会に貢献する

他にも、ビジネス課題の解決をフリーランス・業務委託のプロフェッショナル人材で支援するマッチングサービス『フリーコンサルタント.jp』、業務委託での一定の試用稼働から正社員採用へと切り替えられるプロフェッショナル人材採用支援サービス『大人のインターン』、『Skill Shift』と連携し、且つプロフェッショナル人材と地方に特化した正社員採用支援プラットフォーム『Glocal Mission Jobs』、通常のプロフェッショナル人材の紹介だけでなく、転職市場に出回らないフリーランス・業務委託として活躍する即戦力人材の紹介&正社員採用支援サービス『プロフェッショナルキャリア』などを運営しています。

 

ローカル企業と人材紹介のタッグで「関係人口」増加へ


(画像:みらいワークスと南紀白浜エアポート、業務提携 ワーケーションと都市部副業人材活用を推進し、「空港型地方創生」を目指す|株式会社みらいワークスのプレスリリースより抜粋)

現在、地方中小企業の多くは人口減少による人手・人材不足という大きな課題に直面しています。株式会社南紀白浜エアポートの所在する和歌山県の企業においても、この課題は深刻さを極めています。今回はこれらの課題を解決すべく、新たな施策として『Skill Shift』を通して副業人材を活用することを目指し、県内の各企業の成長、発展にも寄与することを目指し、業務提携に至ったとのことです。

今回の提携によって、自らの専門スキルを地域貢献へと活用したいと考えるプロフェッショナル人材と、和歌山県の企業とをマッチングすることによって、関係人口の創出+増加、人材流動化やスキルシェアにもつなげ、長期的に日本経済の活性化に貢献することが見込まれています。

 

補足:「関係人口」とは?

移住することで計上される「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを「関係人口」といいます。地方では、先のように人口減少や高齢化が進むことによって、地域づくりの担い手が不足する慢性的で深刻な課題に直面しています。そんな中、地域によっては若者を中心として変化を生み出す人材が地域に入り始めてもいます。このように「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが今後一層期待されています。
(参考:総務省 地域への新しい入り口『関係人口』ポータルサイト

 

■会社概要

会社名:株式会社みらいワークス
代表者:代表取締役社長 岡本祥治
本社所在地:〒105-0021 東京都港区東新橋二丁目8番1号 パラッツォアステック7階
設立日:2012年3月
URL:https://mirai-works.co.jp
事業内容:プロフェッショナル人材に特化したビジネスマッチング及び転職支援
登録プロフェッショナル30,000名、クライアント1,700社(2020年12月末時点)

会社名:株式会社南紀白浜エアポート
代表者:代表取締役社長 岡田信一郎
本社所在地:〒649-2334 和歌山県西牟婁郡白浜町才野1622番地の125
設立日:2018年5月
URL:http://shirahama-airport.jp/
事業内容:南紀白浜空港特定運営事業等に関する一切の業務等

 

■本件に関するお問い合わせ

株式会社みらいワークス 広報 石井
T E L : 03-5860-1835 / 携帯電話 : 070-1443-9634
E m a i l : pr@mirai-works.co.jp

株式会社南紀白浜エアポート 誘客・地域活性化室
T E L : 0739-43-0095
E m a i l : info@nsap.co.jp

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP