ワーケーション用オフィスを軽トラに搭載!仕事の息抜きにスキー!妙高で3月末まで実験へ

2020年12月25日

働き方の変化が進み、テレワークの増加、ワーケーションへの注目が高まる中、新潟県妙高市では、ワーケーション設備の新たな形として、ダイハツら4者による軽トラに搭載可能なワーケーション用オフィス「モバイルワークステーション」の実証実験が2021年1月から開始されました。

妙高で実証実験をスタート

実証実験をアテンドするのは新潟県妙高市(以下、妙高市)、ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、青山社中株式会社(以下、青山社中)の4者。実験は、軽トラックに搭載できるワーケーション用オフィス「モバイルワークステーション」を掲げ、一般利用者に向けて貸し出しサービスを行うというものです。

実験の目的と意義

本実証実験は、妙高市が2020年度に主催し、青山社中が企画および運営支援を行った「みょうこうミライ会議」という課題解決型官民連携プラットフォームで提言された施策のうちの一つです。新型コロナウィルスの感染拡大にともなうテレワークの広まりや、政府の観光戦略実行推進会議で提唱されるワーケーションによって観光市場の拡大を狙うことなどの近年の実情をうけ、“自動車に乗り”、“好きな観光地で”、“好きな時間に”働くことが出来るという新たな働き方の可能性に目を向け、その有効性や課題を検証するためのものです。

目指すゴールと未来への展望

本実証実験を通して、ゆくゆくは「モバイルワークステーション」のサービス実用化へとつなげていくことによって、今後模索され続けるであろうワーケーションによる新たな働き方の一つのスタイルが確立されることがゴールの一つと言えるでしょう。また、その後は日本全国でワーケーションの普及活動を展開し、観光地域への誘客促進を行います。このようにして、地域産業の活性化という側面から、地方地域の社会的な課題を解決することにも貢献する見込みです。

 

(参考:ワーケーション用オフィスを軽トラに搭載、仕事の息抜きはスキー 妙高で実証実験へ _ レスポンス(Response.jp)

 

モバイルワークステーション利用イメージ

(画像:ワーケーション用オフィスを軽トラに搭載、仕事の息抜きはスキー 妙高で実証実験へ _ レスポンス(Response.jp)より抜粋)

実証実験の詳細

本実証実験の期間が冬季のため、ターゲットとなるユーザーは主に、スキー・スノーボード愛好家です。利用者はモバイルワークステーションを載せた軽トラックを使用し、妙高市内に点在するスキー場などでワーケーションを行います。利用イメージとしては「仕事をしながら息抜きにゲレンデで遊ぶ」「ナイター設備のあるスキー場で満天の星空を見ながら仕事を行う」などがあります。ほかにも、副次的に観光などのアクティビティとしてのユースケースなども含みます。これらをベースとして、モバイルワークステーションの有効な利用法について検証を行います。

 

実証実験期間

本実証実験の期間は2021年1月12日(火曜日)から2021年3月31日(水曜日)までとします。

利用方法

まず、妙高市内のレンタカー事業者(※後述します)を通して本実証実験の予約を行います。その後、店舗あるいは妙高高原駅前のロータリーにて、モバイルワークステーションを載せた軽トラックをスタッフから引き受けます。

※レンタカー事業者について

「ニコニコレンタカー妙高高原店」

https://www.2525r.com/niigata/myoko/store-00446-001.html

住所:〒949-2106新潟県妙高市田口1174

店舗電話番号:0255-86-2255

営業時間:平日07:00-19:00/土07:00-19:00/日07:00-19:00

利用料金

プラン 利用料金
6時間プラン 2,420円
12時間プラン 2,635円
24時間プラン 4,070円

※延長料金は1 時間あたり1,265 円(税込み)です。

※車両代金、自動車保険込みです。給油代は別途発生します。スキー場のリフト料金、レジャー保険は含まれません。

実証実験における各者の役割

妙高市

実証実験の総括を行います。また、実証実験に関して発生する関係機関との連携をはかります。

ダイハツ

オフィス機能を搭載したBOX(モバイルワークステーション)の貸し出しを行います。

ドコモ

モバイルワークステーション用の通信環境を整備します。また、シェアリングサービス導入にむけたシェアリングプラットフォームの技術検証も行います。

青山社中

妙高市の各種政策と本実証実験との整合性に関する各種助言を行います。

 

(参考:コロナ禍における新しいワーケーションスタイル 軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験を開始 ~新潟県妙高市の大自然を満喫しながらワーケーション~

 

実証実験開始後早速反響、担当者のコメントも

実証実験ではモバイルワークステーションを使用して実際にワーケーションを行う利用者が増えつつあるようです。

(画像:なぜ軽トラの荷台で仕事? ダイハツと妙高市等が軽トラオフィスを展開する訳とは _ くるまのニュースより抜粋)

また、妙高市の担当者は本実験に対して次のようにコメントを出しています。

・実際に利用した人から『過ごしやすい』『仕事がしやすかった』『寒さ対策が取られていて思ったより寒くない』といった声があり、ほかにも『利用してみたい』といった問い合わせが複数寄せられている。

・このトラックでは、wifiルーターも完備。妙高市自体に初めて来る人のためにマップも用意しており、そのマップで案内している場所はすべてwifiルーターが機能すると実験済み。ネット環境には困ることはない。

・現在はトラック1台のモバイルワークステーションの貸し出しを行っている。

・今後の事業拡大については、今回ニコニコレンタカーを通じて行っているように各地域のレンタカー会社との連携がとれるかどうかによって決まる。

・現状実験の課題として挙げられるのは、利用した人の声をもとにして快適さや利便性、障害点の洗い出しをおこない、より使いやすさを向上させるということ。

・妙高市のゲレンデで楽しむ利用者という想定に加え、さらにほかの活用事例を考え、多くの利用者を増やしていきたいと考えている。

 

(参考:なぜ軽トラの荷台で仕事? ダイハツと妙高市等が軽トラオフィスを展開する訳とは _ くるまのニュースより抜粋・要約・太文字化)

 

新潟県妙高市について

(画像:妙高市 – Wikipediaより抜粋)

妙高市(みょうこうし)は、新潟県上越地方にある市です。平成の大合併により新井市(あらいし)が周辺2町村を編入し、現在の名称に改称しました。新井市街地は、商店や工場が集積しています。周辺部は里山と農地が広がり、主に稲作が行われています。妙高山に近い地域は妙高戸隠連山国立公園地域も含まれ、斑尾山周辺と併せて温泉やスキー場など自然豊かな観光資源を持つ市です。

(参考:妙高市 – Wikipedia

都心からのアクセス:車で3時間半、電車で4時間


 

会社概要

 

会社名:ダイハツ工業株式会社

代表者:代表取締役社長 井伊 基之

本社所在地:〒563-0044 大阪府池田市ダイハツ町1番1号

設立日:明治40年(1907年)3月1日

URL:https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

 

会社名:株式会社NTTドコモ

代表者:代表取締役社長 雪本 智史

本社所在地:〒100-6150 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー

設立日:1992年7月1日

URL:https://www.nttdocomo.co.jp/

 

会社名:青山社中株式会社

代表者:筆頭代表 CEO 朝比奈 一郎

本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山2-19-3 サザンキャッスルビル2F

設立日:2010年11月15日

URL:https://aoyamashachu.com/

 

 

 

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP