生き方や働き方を見つめなおす島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021

リモートワークが推進された2020年。いつでもどこでも働ける環境が整いつつあります。これからの働き方・生き方を考えた上で、島暮らしが注目を集めており、長崎県五島市で「島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021」が実施されます。

話題のワーケーションのメリット・デメリットとは?

Island Gurashi Work_2

休暇地で仕事をおこなうワーケーション。日本のビジネスパーソンの間で話題となりつつある新しい時代の働き方がいま注目を集めています。

ワーケーションが導入されることにより、リゾート地や地元などバケーション地で仕事を行うことができます。ワーケーションの導入により、モチベーションの向上や生産性が向上するだけでなく、旅行をおこなうことや、プライベートな時間を過ごす時間が増えることが期待されています。また、旅行先など地域社会との交流が増えることにより、地域活性化の側面だけでなく、ワーケーションをおこなうビジネスパーソンも自身の働き方や生き方を見つめなおすきっかけとなりえます。

一方、ワーケーション地にはWi-Fiなど通信環境が必要とされており、ワーケーションのできる環境の整備が求められています。
参照:地方創生につながる新しい働き方ワーケーションの可能性・前編/地域活性機構リレーコラム

 

島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021

Island Gurashi Work_3

長崎県五島市では、リモートワークの推進を機に、五島列島で働き方を見つめてもらうために、「島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021」が開催されます。島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021は、2021年1月16日から2週間開催される予定であり、これからの生き方を見つめなおすきっかけとなるイベントとして注目されています。

 

・自然あふれる長崎県五島市

九州最南端に位置する五島列島。長崎市から100キロほど離れた場所にあり、長崎港より高速船で1時間25~50分、フェリーでおよそ3時間10~55分で到着できます。また、島内には空港もあり、長崎空港から約30分、福岡空港からおよそ40分で到着できるため、飛行機のほうが気軽にアクセスできます。

Island Gurashi Work_4

また、五島列島は150程の島々で構成され、11の島に住人が居住しており、累計36,352人(2020年3月31日時点)の住民が島暮らしをしています。五島列島にある福江島と嵯峨島には日本でも珍しい、臼状火山と楯状火山の火山群が構成されているだけでなく、景観の美しさから西海国立公園に指定されています。五島列島は高浜海水浴場など美しい砂浜や透き通った海が有名であり、美しい海を眺めながらリラックスすることもできます。

また、観光地として大瀬崎灯台は高い人気を誇っています。数十キロにおよぶ断崖から海を照らしており、国内でも評価の高い大灯台です。映画の撮影現場にもなるなど、景観の美しさから人気の観光スポットです。そのほかにも、世界遺産として「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」にも登録されている史跡があるなど、観光資源の豊富な地域です。
参照:五島列島ってどんな所?楽しく周れる観光スポット案内!

自然が豊かであり、観光も満喫できる五島列島では、これからのビジネスパーソンの働き方・生き方を見つめなおすイベント「島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021」が2021年1月16日(土)〜1月31日(日)まで開催されます。

このようなワーケーションのイベントを五島市が主催するのは初めてではなく、「五島ワーケーション・チャレンジ2020 in Winter」が2020年の1月から2月にかけて実施されました。本イベントでは、ビジネスパーソンをはじめとした総勢62名が参加し、9割以上の参加者から満足との回答を得たそうです。そのため、With/Afterコロナ時代のニーズに合わせて、新たなコンセプトのワーケーションのイベントを開催することとなりました。

島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021では、ワーケーションの実施には欠かせない、Wi-Fi環境の整ったコワーキングスペースが完備されているだけでなく、島暮らしを満喫できる「島あそび・民泊・島しごと」などを体験することも可能です。限られた時間の中でも、これらの島暮らし体験をすることにより、満足度の高いワーケーションをおこなうことができます。また、ふるさと納税制度を利用して、3000円分、9000円分、1万5000円分、3万円分、6万円分の5種類から、島ぐらしワーケーションの参加費用の一部を支払うことができます。

【島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021開催概要】

募集期間:2020年9月11日(金)〜2020年10月11日(日)
開催期間:2021年1月16日(土)〜2021年1月31日(日)
(※1名の滞在期間:3泊4日以上〜9泊10日以内)

参加人数:50名予定
開催場所:長崎県 五島列島 福江島

【各種料金】

・滞在旅行代金(目安):5万1500円(4泊5日)
・航空券代(目安)   : 4~6万円(羽田-福江の往復)
・島あそび体験     : 2000〜1万2000円(1回あたり)
・島しごと体験       : 3000〜5000円(1回あたり)

▼お申し込みはこちら▼

https://shimagurashi.mitsutabi.jp/
参照:これからの生き方・働き方を選び直す「島ぐらしワーケーション in 五島列島 2021」開催決定!
働き方や生き方を見つめなおせることがワーケーションの魅力とも言えます。、島暮らしを体験し、地域との交流を図ることでこれまでの自分の生き方を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?ワーケーション協会では、「休暇中でも休まず働け」とならないよう、これからも本質を捉えた情報を発信していきます。

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP