国内唯一の「エリアを周遊できるキャンプのサブスクサービス」でワーケーションも!

2021年3月28日

現在様々な形態が模索されつつあるワーケーション。キャンプ場を利用するワーケーションを考えているなら、平日現地でサブスクサービスの利用も視野に入れてみては?南信州キャンプセッションによる、南信州をまるごと楽しむワーケーションの提案が魅力的です。

平日キャンプのサブスクサービスCAMP LIFER 2nd Seasonが開始!

(画像:南信州キャンプセッションによる国内唯一の「エリアを周遊できるキャンプのサブスクサービス」(2021年3月28日)|BIGLOBEニュースより抜粋)

南信州キャンプセッションから、南信州エリアを周遊できる平日キャンプのサブスクサービスCAMP LIFER(キャンプ ライファー)2nd Seasonがリリースされました。

”CAMP LIFER”とは?

CAMP LIFER(キャンプ ライファー)は、南信州エリアを周遊できる平日キャンプのサブスクリプションサービスです。「Lifer」という用語には「仕事に一生をかける人」という意味があります。『CAMP LIFER』というサービス名称には、まさにキャンプを人生(日常)に取り入れて楽しむ人に使って欲しい、という南信州キャンプセッションの想いが込められています。ソロで、仲間と、家族と…自然という環境を過ごす価値は現代人にとっていまやプライスレス。なにものにも代え難いものではないでしょうか。CAMP LIFER は、今までよりもっと長く、あるいは繰り返し、自然の中での時間を楽しむライフスタイルを提案するものです。2020年8月にモニタリングと位置付けを限定50名で募集した1st Seasonでは、数日で定員の上限まで応募者数が殺到・年齢もバックグラウンドも多様なキャンパーの方々が、様々な使い方や楽しみ方を実践しました。CAMP LIFER 1st Seasonモニタリリングレポートと、ユーザーも登場したYoutube番組はこちらからチェックしてみてくださいね。

設立の目的と想い

南信州キャンプセッションは、「キャンプの聖地・南信州」をスローガンに掲げながら、南信州エリア(長野県南部)のキャンプ場、およびキャンプに関わる企業や団体が提携して活動を行うネットワーク(任意団体)です。活動の目的は、キャンプに特化した地域づくりを行うことで今後の新時代におけるキャンプの可能性を発展させ、ローカルから新しいキャンプカルチャーを発信してゆくこと。なかでもCAMP LIFERでは、次の2つの目的を掲げてサービス改善に取り組んでいます。

1.日本のキャンプ市場における新規開拓分野として名高い「平日需要」の可能性を追求します。ワーケーション利用を含め、必要なサービス・インフラなど「長期滞在」の条件を考察し、発展させます。

2.「新しいことに挑戦する人々」と繋がることで、キャンプ場や地域の関連する人々へと変化をもたらし、結果的にエリアブランディングや、地域自体のリノベーションに貢献します。

 

CAMP LIFER 2nd Seasonのサービスを詳しく紹介

(画像:南信州キャンプセッションによる国内唯一の「エリアを周遊できるキャンプのサブスクサービス」(2021年3月28日)|BIGLOBEニュースより抜粋)

CAMP LIFER 2nd Seasonって?

まず、CAMP LIFER 2nd Seasonのポイントは次の通り。
★平日のソロキャンプが月額定額で使える!
★7つのキャンプ場で使える!
★同伴者は特別価格(+1000円/日 未就学児+500円/日)で入場可能!
★2021年度シーズンからの特典として、キャンプ場のワークスペースが使い放題!

プラン別紹介

次に、「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」について概要を次の通り記載します。

「スタンダードプラン」

★3ヶ月通し販売!
料金…月額5,000円(3ヶ月15,000円)税込
泊数…月あたりの上限泊数が10 泊まで
人数…70名限定

「プレミアムプラン」

★月ごとに申し込みが可能!
料金…月額10,000円税込
泊数…月あたりの上限泊数なし
人数…毎月7名限定

利用期間について

CAMP LIFER 2nd Seasonの利用期間は、2020年4月11日~7月16日(GWの4月29日〜5月8日は除外)です。なお、3ヶ月を以下3つの期間に区分けし、スタンダードプランは上限日数の期限を設け、プレミアムプランは月ごとの販売となります。
① 2021年4月11-5月21日
② 2021年5月23日-6月18日
③ 2021年6月20日-7月16日

申し込み方法

3月27日の午前8時に、公式HPに申し込みリンクが登場。サービス内容・規定の詳細などもそちらで確認することができます。販売はネットショップ形式で、決済方法はオンライン決済のみ対応中。注文後にアンケートフォームURLの添付されたメールが送付されますので、そちらに回答した後、申し込み確定となります。
公式HP:https://www.nagano-camp.life/pages/4069439/subscription

2nd Seasonのサービス、今までとどう違う?

CAMPLIFER 1st Seasonはモニタリングと位置付けられ、コロナで人々の働き方や社会情勢が変化するこんにちどのような方法で平日キャンプのサブスクサービスが求められているのか、実証実験を兼ねたサービスでした。ユーザーの方々からの沢山のフィードバックを貰い、それを参考にして、CAMPLIFER 2nd Seasonのサービス検討するあたっては「ユーザーと共にサービスを作り上げる」ことに重点を置き、モニタリング結果を公開して寄せられた様々な要望にも応える方法を検討してきたのです。その結果、以下の4つの改善点を今回のCAMPLIFER 2nd Seasonのサービスへと反映させています。

キャンプのサブスクサービスの使い方。見えてきた、2つのスタイル。

幅広いニーズに対応するべく、プランを「スタンダードプラン」(3ヶ月通しで1ヶ月に10日まで泊まれるプラン)、「プレミアムプラン」(上限なしで月ごとに申し込み可能なプラン)の2つに分けています。モニタリングの結果、CAMPLIFERの使い方には大きく分けて次の2つのパターンがあることが分かったのです。

【繰り返し楽しむ型】…1回1~3泊、ある程度の間隔をあけて、期間中何度も南信州でキャンプする人
【2拠点生活型】…一度に5日間〜数週間の長期滞在をしてキャンプ場で働きながら南信州で日常を過ごし、その後数週間家に戻る人。
これらの事情から、双方の利用者にフィットするプランが用意されています!

同伴者の家族限定を解除!友人との来場も可能に

(画像:南信州キャンプセッションによる国内唯一の「エリアを周遊できるキャンプのサブスクサービス」(2021年3月28日)|BIGLOBEニュースより抜粋)

フィードバックでとにかく多かったのが、「平日のキャンプ場は素晴らしい」という声。そこで南信州キャンプセッションでは、キャンプやワーケーションを「ピークをずらして少人数で楽しむ」ことを推進したいと考えました。それに伴い、より多くの人に気軽に楽しんでもらうべく、サービス内容を改善。ユーザーによるフィードバックとして、「平日の魅力としては、ソロや、カップルで、静かに過ごせる」「自然に包まれている感覚」「渋滞がない、都内脱出のために朝早く出なくて良いのが良い」「土曜日や、連休のように予約競争がない」等々、平日利用、および混雑時を避けての利用はこのようなメリットがあるのです。

(参考:南信州キャンプセッションによる国内唯一の「エリアを周遊できるキャンプのサブスクサービス」(2021年3月28日)|BIGLOBEニュースより要約)

キャンプワーケーションにチャレンジしやすい環境作り

(画像:南信州キャンプセッションによる国内唯一の「エリアを周遊できるキャンプのサブスクサービス」(2021年3月28日)|BIGLOBEニュースより抜粋)

南信州キャンプセッションでは、CAMP LIFERの会員限定で加盟キャンプ場すべてのワークスペースの利用料金の無料化を実現。ワークスペースはキャンプ場により有料/無料の差分がありますが、こちらも会員限定で全て無料になるようです。1st Seasonでは、キャンプワーケーションにチャレンジしたユーザーは全員そういった利用法が初めてでしたが、「オンとオフの切り替えの効率が良すぎる」「自宅だとダラダラしがちな仕事が、キャンプ場だと、頭がスッキリし集中力が高まる。」「キャンプ場でワーケーションできると、子どもも楽しめる。」と言った声が寄せられました。(参考:南信州キャンプセッションによる国内唯一の「エリアを周遊できるキャンプのサブスクサービス」(2021年3月28日)|BIGLOBEニュースより要約)

”地域を巡る旅”を演出!情報などのサポートも拡充予定

(画像:南信州キャンプセッションによる国内唯一の「エリアを周遊できるキャンプのサブスクサービス」(2021年3月28日)|BIGLOBEニュースより抜粋)

南信州キャンプセッションでは、キャンプ場を拠点に南信州に長期滞在したり、繰り返し訪れるからこそわかる”自然の魅力”や“地域の魅力”を体感するために、SNSでユーザー専用コミュニティを設置したり、地域の観光協会のインフォメーションカウンターと協働して周遊情報を相談できるようになります。滞在日数の多いユーザーほど、この手の情報を求めていることが明らかなのです。今まで行ったことがなかった地域へと足を運び、キャンプ場を巡りながら、まるでそこに暮らすように旅をする…名所の探索、温泉、朝市、ローカルの肉屋巡り等々、南信州を満喫するべく、滞在時の知っ得情報の共有や、周遊に対するサポートも拡充予定です!

■組織概要

団体名:南信州キャンプセッション (任意団体)
代表者:
共同代表
・久保田雄大(四徳温泉キャンプ場 / Waqua合同会社代表社員)
・佐々木春仁(おおぐて湖キャンプ場 / 下條開発株式会社代表取締役)
・若月 一馬(銀河もみじキャンプ場 / NPO法人なみあい育遊会)
所在地:長野県上伊那郡中川村四徳542 四徳温泉キャンプ場
設立日:2020年7月1日
URL:https://www.nagano-camp.life/

 

■本件に関するお問い合わせ

南信州キャンプセッション CAMP LIFER サービスページ
https://www.nagano-camp.life/pages/4069439/subscription
※入会申し込みフォームあり

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP